sub_visual

菊花島

忠南唐津の近海にありながらも行政区域上では京畿道華城市に属している島。唐津長古港からは船でわずか20分の距離だが、直線距離で18km離れた華城梅香里浦口からは1時間以上かかる。菊花島船着場を過ぎて民泊がある場所まで歩いていると、どこか見慣れた一階建ての建物ひとつが目に入る。これは教室が二部屋しかない菊花分校で、現在は廃校となっている。

菊花島は朝鮮時代には流刑地だった。この島の元の名前は菊花島ではなく晩花島だったが、日帝時代に京畿道水原郡雨汀面晩花里から華城郡菊花里所属へと変わったという。ここ10年余りの間に島では多くの変化と発展があり、現在22世帯、60名余りが住民として生活している。

長古港や臥木村(ウェモンマウル)から眺めれば、菊花島の兄弟のようにトッキ島(うさぎ島)が並んで見える。500mほどになる菊花島とトッキ島の間には引き潮時に干潟岩と砂浜が現れ、歩いて渡ることができる。この海の道周辺は巻貝の一種であるコドンをはじめとする貝類が豊富だ。菊花島の船着場村からやや低めの丘を越えると、まったく違った風景が現れる。岩だらけの東側海岸とは違い、貝殻と砂が絶妙に混ぜ合わさった天恵の海水浴場が弓状に広がって続いていく。海水浴場は傾斜があまりなく安全に水遊びを楽しむことができ、砂と細かい砂利が混ざり合っているのが特徴だ。

また、他の西海岸地域と違い水がとても澄んでいる。この海水浴場の西側にはメーバク島があるのだが、この島へもトッキ島と同じく引き潮の際には海の道を通って渡っていくことができる。菊花島海水浴場の東の端は岩場となっており、付近の山の裾には松が生えていて風流を感じさせてくれる。北側にある海水浴場からは海の向こうに無人島である立波島と豊島の人々のアサリ漁の場である桃李島がはっきりと見える。

島船運航時間

1. 宮坪港利用(西海島船1号 : 031-356-9387)

宮坪港利用(西海島船1号 リスト
出航日時 運航次数 運航時間
宮坪港 ↔ 菊花島 ↔ 立波島
シーズン中 7~9月 1(定期) 09:00 09:40 10:00
2(随時) 11:00 11:40 12:00
3(随時) 13:00 13:40 14:00
4(定期) 16:00 16:40 17:00
シーズンオフ中 10~6月 1(定期) 09:00 09:40 10:00
2(随時) 13:00 13:40 14:00
3(定期) 15:00 15:40 16:00
※ 10人以上の団体時随時運行可能(有線にて問い合わせ)

2. 長古港利用(菊花フェリー号 : 011-433-0405)

長古港利用 リスト
出航日時 運航次数 運航時間
菊花島 ↔ 長古港
夏季 1 07:40 ↔ 08:00
2 09:40 ↔ 10:00
3 11:40 ↔ 12:00
4 13:40 ↔ 14:00
5 15:40 ↔ 16:00
6 17:40 ↔ 18:00
7 19:10 ↔ 19:30
冬季 11/15 ~ 3/14 1 08:10 ↔ 08:30
2 10:40 ↔ 11:00
3 13:40 ↔ 14:00
4 16:40 ↔ 17:00
5 17:40 ↔ 18:00

島船運航料金

1. 西海島船1号

長古港利用 リスト
区分 往復(ウォン) 片道(ウォン) 貨物(ウォン)
大人 20,000 12,000 150/Kg
子供(12歳未満) 10,000 5,000
住民 無料 無料 100/Kg

2. 菊花フェリー号

長古港利用 リスト
区分 往復(ウォン) 片道(ウォン) 貨物(ウォン)
大人 8,000 4,000 50,000/1ton
子供(12歳未満) 6,000 3,000
住民 無料 無料